« 相互インダクタンス | トップページ | 同期調相機 »

2007年9月25日 (火)

加圧水形原子炉

◆電力「加圧水形原子炉の安全装置に関する問題」

下記の問題の空白部分に当てはまる答を書きなさい。

一次冷却材喪失事故に代表されるような配管破断事故では、
原子炉内の燃料に破損が生じ多量の放射性物質の放散の
可能性がある。
このような事故を軽減し、または防止するための施設として
工学的安全施設が設けられており、PWRには
1.「   」
2.原子炉格納施設
3.原子炉格納容器スプレイ設備
4.アニュラス空気浄化設備

がある。

解答

非常用炉心冷却設備(ECCS)

解説

非常用炉心冷却設備(ECCS)は、1次冷却材喪失事故時等に
燃料取り替え用水タンクのほう酸水を原子炉に注入して
炉心の冷却を行うとともに、原子炉に負の反応度を添加し
燃料および燃料被覆管の重大な損傷
(燃料の損傷、溶融、燃料被覆管のジルコニウムー水反応)
を防止する。

|

« 相互インダクタンス | トップページ | 同期調相機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/8103616

この記事へのトラックバック一覧です: 加圧水形原子炉:

« 相互インダクタンス | トップページ | 同期調相機 »