« 抵抗率 | トップページ | 変圧器 »

2007年9月11日 (火)

火力発電

◆電力「火力発電用ボイラに関する問題」
次のA群に対応する記述をB群の中より選びなさい。

   A群            B群
(1)給水加熱器       (a)飽和蒸気を使用温度に上昇
(2)再熱器         (b)排燃焼ガスの熱を利用
(3)節炭器         (c)給水中の酸素、炭酸ガス
(4)過熱器         (d)再生サイクル
(5)脱気器         (e)構造は過熱器とほぼ同じ

解答
(1)-(d)
(2)-(c)
(3)-(b)
(4)-(a)
(5)-(e)

解説
(1)給水加熱器
タービンからの抽気でボイラ給水を加熱する熱交換器。
熱効率向上のために用いる。
タービンの膨張途中の蒸気の一部を抽気し、この熱を給水加熱に
利用して、復水器で冷却水に持ち去られる熱量を減少する。

(2)再熱器
タービンの熱効率向上と、タービン翼の侵食を軽減する目的で、
タービンの高圧部または中圧の排気を再び加熱してタービンの
中圧部または低圧部に送る。
構造は加熱器とほぼ同じだが、圧力が低い。

(3)節炭器
煙突から排出される燃焼ガスの保有する熱を利用して
給水を加熱するもので、給水を飽和温度またはこれ近くまで
加熱するが、給水の一部が蒸発を起こす蒸発式節炭器もある。

(4)過熱器
ボイラの蒸発管で発生した飽和蒸気を、タービンで使用する
蒸気温度まで加熱する装置で、伝熱方式によって接触形、
放射形および接触放射形の3種類がある。

(5)脱気器
給水中に溶解している酸素、炭酸ガスなどは、配管、
ボイラ各部の腐食の原因となるので除去する必要がある。
このため、蒸気によって給水を直接加熱し、給水中の
溶存ガスを物理的に分離除去する脱気器が用いられる。

|

« 抵抗率 | トップページ | 変圧器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/7900620

この記事へのトラックバック一覧です: 火力発電:

« 抵抗率 | トップページ | 変圧器 »