« ギャロッピング | トップページ | 受電室の施設 »

2007年8月20日 (月)

変圧器の冷却方式

◆機械「変圧器の冷却方式に関する問題」

次の文章の空白部分に適合する答を記入しなさい。

油入自冷式変圧器は、損失による発生熱を、外箱に接する
空気の(1)「   」および熱放射によって放出する。
発生熱は寸法の約(2)「   」乗に比例し、
放熱面積は(3)「   」乗に比例するため、
容量が大きくなると外箱に(4)「   」を付けたり
波形にしたり、あるいは放熱器を取り付けて
放熱面積を(5)「   」くしている。

解答

(1)対流
(2)3
(3)2
(4)ひれ(放熱板)
(5)大き

解説

冷却方式の種類

1.乾式自冷式
空気の対流によって冷却する方式で、22KV以下の
計器用変圧器や低圧の変圧器に用いる。

2.乾式風冷式
乾式変圧器を送風機で強制通風して冷却するもので、
22KV以下の地下変電所や電気炉用変圧器など、
火災を特に予防する場所に用いる。

3.油入自冷式
構造が簡単で取扱いや保守も容易であるため、
柱上変圧器から中型の電力用変圧器まで広く用いられる。

4.油入風冷式
送風機で強制冷却するもので、大型の電力用変圧器に
広く用いる。

5.送油水冷式
冷却水を循環させて冷却する方式で、屋内や地下式で
使用する大型の電力用変圧器に用いる。

6.送油自冷式
冷却した油を強制循環する方式で、大型の電力用
変圧器に最も広く用いられている。

|

« ギャロッピング | トップページ | 受電室の施設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/7605391

この記事へのトラックバック一覧です: 変圧器の冷却方式:

« ギャロッピング | トップページ | 受電室の施設 »