« キュービクルの保有距離 | トップページ | ギャロッピング »

2007年8月13日 (月)

R-L直列回路

◆理論「R-L直列回路に関する問題」

抵抗RとインダクタンスL(6オーム)が直列に接続され交流電源に接続されている。この時、インダクタンスLの電圧降下は60Vである。抵抗Rの電圧降下は80Vである。抵抗Rの消費電力は何Wとなるか。

解答  800W

解説 インダクタンスLに流れる電流は、 I=60/6=10 (A) ゆえに、抵抗Rに流れる電流も10(A)である。 したがって、抵抗Rで消費される電力Pは、

P=I・V=10×80=800(W)

|

« キュービクルの保有距離 | トップページ | ギャロッピング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/7516968

この記事へのトラックバック一覧です: R-L直列回路:

« キュービクルの保有距離 | トップページ | ギャロッピング »