« 誘導電動機の起動方式 | トップページ | R-L直列回路 »

2007年8月 8日 (水)

キュービクルの保有距離

◆法規「キュービクルの保有距離に関する問題」

キュービクル式および金属箱に収めた受電設備を
受電室に設置する場合、金属箱の周囲との保有距離、
他造営物または物品との離隔距離は高圧受電設備指針に
おいて、どのように規定されているか、
下記の設問に答えなさい。

(1)屋外に設置する場合、周囲の保有距離。

(2)ビス止め等の取り外しの可能な扉の無い面の保有距離。

(3)溶接などの構造で換気口がある面の保有距離。

(4)溶接などの構造で換気口が無い面の保有距離。

解答

(1)1.2m以上
(2)60cm以上
(3)20cm以上
(4)規定無し

解説

なお、幼稚園、学校、スーパーマーケット等で、
幼児が容易に金属箱に触れるおそれの
ある場所に設置する場合は、さく等を
設けることが望ましいとされている。

|

« 誘導電動機の起動方式 | トップページ | R-L直列回路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/7462331

この記事へのトラックバック一覧です: キュービクルの保有距離:

« 誘導電動機の起動方式 | トップページ | R-L直列回路 »