« 避雷器 | トップページ | 風圧荷重 »

2007年6月 4日 (月)

変圧器のV結線

◆機械「変圧器のV結線に関する問題」

単相210-105V 100KVAの変圧器2台を
V結線としたときの出力はいくらになるか。

解答
173.2(KVA)

解説
V結線は、△-△結線から一相を除いたもので、
最大三相平衡負荷は、
△-△結線の場合の57.7%に減少する。

(V結線出力)/(△結線出力)=(√3V2・I2)/(3V2・I2)
=0.577

問題の場合

(√3×210×275)/(3×210×275)=0.577

変圧器の利用率は86.6%となる。
問題の場合

利用率=V結線出力/設備容量=(√3V2・I2)/(2V2・I2)
=(√3×210×275)/(2×210×275)=0.866

したがって、出力は
W=100×2×0.866=173.2(KVA)

この結線を使用した場合、電圧変動率が大きく、
かつ各相で異なるため
二次電圧がやや不平衡となる。

|

« 避雷器 | トップページ | 風圧荷重 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/6666304

この記事へのトラックバック一覧です: 変圧器のV結線:

« 避雷器 | トップページ | 風圧荷重 »