« 指示計器の種類 | トップページ | 巻き上げ機 »

2007年6月28日 (木)

高調波

◆電力「高調波に関する問題」

進相コンデンサ100KVAR用の6%直列リアクトルを
進相コンデンサ50KVARに接続した場合、
直列リアクトルの容量は何%になるか。

解答
3%

解説
直列リアクトルは直列機器であるので、
容量のマッチしたコンデンサと組み合わせることにより
性能が発揮される。
例えば、6KVARリアクトルはコンデンサ100KVARに
接続されて初めてリアクタンス6%となり、
第5調波に対して波形改善の役目をはたす。

この6KVARリアクトルを50KVARコンデンサに接続した
場合、リアクトル容量は、

6KVAR×(50KVAR/100KVAR)^2
=1.5KVAR

となる。

よってコンデンサ50KVARに対しては、
3%リアクタンスとなり、第5長波に対しては
効果がなく、
時には、高調波が拡大される場合もある。

|

« 指示計器の種類 | トップページ | 巻き上げ機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/6960660

この記事へのトラックバック一覧です: 高調波:

« 指示計器の種類 | トップページ | 巻き上げ機 »