« 受電設備の形式 | トップページ | 避雷器 »

2007年5月20日 (日)

平均照度

◆理論「平均照度の計算に関する問題」
面積100(m^2)の事務室に40Wの蛍光灯(2灯用)器具を
20台取り付けたとき、平均照度はいくらになるか。
ただし、蛍光灯1灯の全光束は3000(lm)、
事務室の照明率は0.6、保守率は0.7とする。

解答 
504(lx)

解説
平均照度Eは、次式で表される。

E=(N・F・U・M)/A

N:台数(台)
F:1台当たりの全光束(lm)
U:照明率
M:保守率
A:室の面積

E=(20×3000×2×0.6×0.7)/100
=504(lx)

平均照度の計算をするときは、
メーカー等のカタログの値を参考にして、管球1本(個)
当たりの全光束に使用する管球の総数を掛け全光束を算出する。
照明率はその室の形状、壁・天井の反射、照明器具の効率から
決められる。
保守率は照明器具や管球の汚れ、経年劣化による管球の
全光束の低下を予め予測して決めておく。

|

« 受電設備の形式 | トップページ | 避雷器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/6487321

この記事へのトラックバック一覧です: 平均照度:

« 受電設備の形式 | トップページ | 避雷器 »