« 汽力発電所の熱効率 | トップページ | 接地工事 »

2007年4月 6日 (金)

直流分巻電動機

◆機械「直流分巻電動機に関する問題」

直流分巻電動機が入力電圧200(V)、入力電流21(A)
回転速度1200(rpm)で運転されている。
この場合の発生トルク(N・m)を計算せよ。

ただし、界磁回路の抵抗は200(Ω)、
電機子回路の抵抗は0.2(Ω)とする。

解答

31.2 (N・m)

解説

電機子電流Iaは、

Ia=21-(200/200)=20(A)

電機子誘導起電力Eは、

E=V-Ia・ra=200-20×0.2
=196 (V)

電動機出力P0は、

P0=E・Ia=196×20=3920 (W)

よって発生トルクTは、P0=ωTより

T=P0/ω=P0/(2πN/60)

=3920/(2π×1200/60)≒31.2 (N・m)

|

« 汽力発電所の熱効率 | トップページ | 接地工事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/5996586

この記事へのトラックバック一覧です: 直流分巻電動機:

« 汽力発電所の熱効率 | トップページ | 接地工事 »