« サイリスタ | トップページ | 直流分巻電動機 »

2007年3月25日 (日)

汽力発電所の熱効率

◆電力「汽力発電所の熱効率に関する問題」

最大出力500(MW)、負荷率78%で1カ月(30日)間に
60.5×10^3(KL)の重油を消費している汽力発電所がある。
この発電所の発電端効率及び送電端効率はいくらか。
ただし、重油の発熱量は10000(cal/L)、
所内比率は3(%)とする。

解答

1)発電端熱効率 39.9 (%)
2)送電端熱効率 38.7 (%)

解説
1)
発電端熱効率最大出力
PG=500×10^3(KW)
負荷率Lf=0.78
1カ月の時間T=24×30=720(h)
であるから、

1カ月(30日)の発電端電力量
WGは、
WG=PG×Lf×T=500×10^3×0.78×720
=280.8×10^6 (KWH)

1カ月(30日)間の重油消費量B=60.5×10^3(KL)、
重油の発熱量H=10000(kcal/L)=10^7(kcal/kl)
であるから、発電端熱効率ηは、

η=(860WG/BH)×100
=(860×280.8×10^6)/(60.5×10^3×10^7)×100
=39.9(%)

2)送電端熱効率

発電端熱効率 η=30.9(%)、
所内比率L=3(%)であるから、
発電端熱効率η`は、

η`=η(1-L/100)=39.9(1-3/100)
=38.7(%)

|

« サイリスタ | トップページ | 直流分巻電動機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/5813776

この記事へのトラックバック一覧です: 汽力発電所の熱効率:

« サイリスタ | トップページ | 直流分巻電動機 »