« パーセントインピーダンス | トップページ | 電気設備技術基準の解釈 »

2007年2月10日 (土)

絶縁の種類

◆機械「絶縁の種類に関する問題」
A群の絶縁種別に対応する許容最高温度(℃)をB群から選びなさい。

  A群        B群
(1)A種    (イ) 90℃
(2)B種         (ロ)105℃
(3)C種    (ハ)120℃
(4)E種    (ニ)130℃
(5)F種    (ホ)155℃
(6)H種    (ヘ)180℃
(7)Y種    (ト)180℃超過

解答

(1)-(ロ)
(2)-(ニ)
(3)-(ト)
(4)-(ハ)
(5)-(ホ)
(6)-(ヘ)
(7)-(イ)

解説
JEC 147(1960)抜粋

Y種 90℃
たとえば、木綿・絹・紙などの材料で構成され、ワニス類を含浸せず、
または油中に浸さないものをいう。

A種 105℃
たとえば、木綿・絹・紙などの材料で構成され、ワニス類を含浸し、
または油中に浸したものをいう。

E種 120℃
ポリエステルの絶縁物。

B種 130℃
たとえば、マイカ・石綿・ガラス繊維などの材料を
接着剤とともに用いて構成されたものをいう。

F種 155℃
たとえば、マイカ・石綿・ガラス繊維などの材料をシリコーンアルキッド
樹脂などの接着剤とともに用いて構成されたものをいう。

H種 180℃
たとえば、マイカ・石綿・ガラス繊維などの材料をシリコーン樹脂または
同等の性質をもった材料からなる接着剤とともに用いたものをいう。
ゴム状及び個体状のシリコーン樹脂または同等の性質をもった材料を
単独に用いた場合を含む。

C種 180℃超過
たとえば、生マイカ・石綿・磁気などを単独で用いて構成されたもの、
または接着剤とともに用いたものをいう。

|

« パーセントインピーダンス | トップページ | 電気設備技術基準の解釈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/5291424

この記事へのトラックバック一覧です: 絶縁の種類:

« パーセントインピーダンス | トップページ | 電気設備技術基準の解釈 »