« 絶縁の種類 | トップページ | SI単位の接頭語 »

2007年2月26日 (月)

電気設備技術基準の解釈

◆法規「電気設備技術基準の解釈に関する問題」

次の文は「電気設備技術基準の解釈」における地中電線路に
関する記述である。空欄に適当な語句を入れなさい。

地中電線路を直接埋設式により施設する場合は、
土冠を車両その他の重量物の圧力を受ける恐れがある
場所においては(1)[   ](m)以上、その他の場所に
おいては(2)[   ](cm)以上とし、かつ、
地中電線を堅牢なトラフその他の防護物に収めて
施設しなければならない。

解答
(1)1.2
(2)60

解説
「電気設備技術基準の解釈」134条4
地中電線路を直接埋設式により施設するばあいは、次の各号
により施設すること。

地中電線は車両その他の重量物の圧力を受ける恐れがある場所に
おいては1.2m以上、その他の場所においては60cm以上の
土冠で施設すること。ただし、使用するケーブルの種類、施設条件
等を考慮し、これに加わる圧力に耐えるように施設する場合は
この限りでない。

ケーブルを衝撃から防護するため、次のいずれかの方法により
施設すること。
イ 地中電線を堅牢なトラフその他の防護物に収める方法
ロ 低圧または高圧の地中電線を車両その他の重量物の圧力を
受ける恐れがない場所において、その上部を堅牢な板またはといで
覆い施設する方法
ハ 低圧又は高圧の地中電線に第8項に規定する堅牢ながい装を
有するケーブルを使用する方法
ニ 特別高圧地中電線に第8項に規定する堅牢ながい装を有する
ケーブルを使用し、かつ、堅牢な板又はといで地中電線の上部及び
側部を覆い施設する方法
ホ 地中電線にパイプ型圧力ケーブルを使用し、かつ、地中電線の
上部を堅牢な板又はといで覆い施設する方法

|

« 絶縁の種類 | トップページ | SI単位の接頭語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/5498507

この記事へのトラックバック一覧です: 電気設備技術基準の解釈:

« 絶縁の種類 | トップページ | SI単位の接頭語 »