« ギリシャ文字の用例 | トップページ | パーセントインピーダンス »

2007年1月31日 (水)

フレミングの法則

◆理論「フレミングの法則に関する問題」
フレミングの左手の法則は、
磁界中の電流に働く力の方向を表す法則 であるが、
左手の親指、人差し指、中指を直角になるように曲げると
各指の示す方向が対応している語句を解答群の中から選びなさい。

(1)親指
(2)人差し指
(3)中指

解答群
(イ)電流 I
(ロ)起電力 E
(ハ)力 F
(ニ)導体の運動 V
(ホ)磁束密度 B

フレミングの右手の法則は、
電磁誘導の起電力と磁界、運動の方向の関係を示す法則であるが、
右手の親指、人差し指、中指を直角になるように曲げると
各指の示す方向が対応している語句を解答群の中から選びなさい。

(4)親指
(5)人差し指
(6)中指

解答群
(イ)電流 I
(ロ)起電力 E
(ハ)力 F
(ニ)導体の運動 V
(ホ)磁束密度 B

解答 

(1)-(ハ) (2)-(ホ) (3)-(イ)
(4)-(ニ) (5)-(ホ) (6)-(ロ)

解説
1.フレミングの左手の法則
電流は電荷の移動であるから、磁束密度のある場所では、
電流が流れる導体は力を受ける。
次の式は電磁力を表す公式である。

F=B・l・I・SINθ

F:力(N・m)  親指
B:磁束密度(T) 人差し指
I:電流(A)   中指
l:導体長(m)
θ:磁界と導体のなす角

2.フレミングの右手の法則
磁界の中を導体が移動すると電磁誘導の法則により、
その導体に起電力が起こる。
次の式は起電力を表す公式である。

E=B・l・V・SINθ

V:導体の運動(m/s)  親指
B:磁束密度(T)     人差し指
E:起電力(V)      中指
l:導体長(m)
θ:磁界と導体のなす角

|

« ギリシャ文字の用例 | トップページ | パーセントインピーダンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/5154324

この記事へのトラックバック一覧です: フレミングの法則:

« ギリシャ文字の用例 | トップページ | パーセントインピーダンス »