« 架空電線の高さ | トップページ | 原子力発電 »

2006年12月29日 (金)

正弦波交流

◆理論「正弦波交流に関する問題」

e=√2E・COS(60πt-π/3) (V)と
i=√2I・SIN(60πt-π/6) (A)で
表される電圧と電流の位相差を時間(S)で表すといくらになるか。

解答 
1/180 (S)

解説
eをSINで表せば、位相をπ/2ずらす必要があるので、
位相差としては、

Δθ=(-π/3+π/2)+π/6=(1/3)π

この位相差を時間で表すには、ωt=Δθを満足するtを求めれば良い。
ω=60πであるから、

t=Δθ/ω=(π/3)/(60π)=1/180 (S)

|

« 架空電線の高さ | トップページ | 原子力発電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/4717110

この記事へのトラックバック一覧です: 正弦波交流:

« 架空電線の高さ | トップページ | 原子力発電 »